Vengeance Falls / Trivium


 

正統派のクールなメタルが聴きたい。そんな時にオススメの一枚。

 

 

Album: Vengeance Falls

Band: Trivium

Year: 2013

Country: USA

Genre: Heavy Metal

 

Track List

1. Brave This Storm
2. Vengeance Falls
3. Strife
4. No Way To Heal
5. To Believe
6. At The End Of This War
7. Through Blood And Dirt And Bone
8. Villainy Thrives
9. Incineration: The Broken World
10. Wake (The End Is Nigh)
11. No Hope For The Human Race
12. As I Am Exploding
13. Skulls…We Are 138

 

アメリカ出身のメタルコアバンドの6thアルバムです。若手メタルコアバンドとしてデビューした彼らも、4thアルバム「Shogun」あたりから中堅の風格が漂い始め、そしてこのアルバム、「Vengeance Falls」で傑作を残してきました。

このバンドの魅力は、イマドキのメタルコアをベースに、正統派の・硬派なメタルをやっているところです。この6thアルバムでは、スクリームを控え、Kichiiの男臭いクリーンボーカルが光っています。ギターリフもかなり正統派のソレに近づき、同世代のメタルコア勢とは完全に一線を画した作品となりました。

 

 

私、アブラハムは、このMVを見てやられました。

 


スポンサードリンク

 


 

#1と#2は勢いがあるものの、なんとなくインパクトの薄い曲。

#3がMVの曲、「Strife」。イントロの硬派なリフから痺れます。曲自体はコンパクトにまとまっていて、スクリームは皆無。サビはなかなかにドラマチックでキャッチー。このアルバムを最もよく表す曲です。

続く#4はツインギターが入ったり、疾走したりと、なかなか聴きごたえのある曲。メタルコアらしい緩急の付け方が、メロスパーには新鮮です。#5もカッコいい。リフ、リードギター、ボーカルが別々のメロディを奏でていながらも破綻しないブリッジは、なかなかの構築力。そしてサビの「cannot breathe, cannot breathe」がすごく好き。

#6以降もなかなかカッコいい曲が続きます。なんとなく1曲1曲が似ている気もしますが、それはこのジャンルの宿命というか、疾走したり変拍子が入ったりしない分、ある程度は仕方ない。

#10は静かに始まるイントロが、メランコリックさを醸し出します。中盤以降はバンドサウンドになり、そして終盤以降、雰囲気が変わり、ドラマチックで哀愁のあるメロディ、そして劇的なギターソロで幕を閉じます。

 

#11以降はボーナストラックです。#11と#12は本編と変わらない雰囲気なので、実質12曲入り+ボーナス1曲、みたいな感じです。

#13は青春パンクをメタルのリズム隊でやっちゃいました。みたいな曲。MISFITSというバンドのカバー曲ですが、これはこれでアリです。パンクやのに歌うますぎやろ。みたいな。

 


 

 

全体を通してメロディーは抑えめ、そしてリードギターよりもリフがメインなので、僕が普段聴くようなメタルとは楽しみ方が違います。それでも、このアルバムはクセになっちゃいますね。抑え目なメロディーが、逆にカッコよさを引き立たせますし、メタラーなら誰もがゾクゾクするようなリフのオンパレードです。

アルバムの雰囲気は統一されていて、#3の「Strife」を除いて耳に残るフレーズは少ないですが、完成度はめちゃくちゃ高く、何度も聴きたくなる1枚であることは間違いないです。

 

人気・実力を兼ね備えたTriviumのこの作品は、メタル初心者にも是非オススメしたいです!クリーンボイスが多いので、メロパワなんかが好きな人でも絶対に気に入る1枚です。

 

 

 

アブラハム的オススメ曲 #3 「Strife」

アブラハム的オススメ度 8 / 10

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>