Underworld / Symphony X

Underworld/ Symphony X

 

ベテランの域へと突入し、安定感を増した1枚。

 

Album: Underworld

Band: Symphony X

Year: 2015

Country: USA

Genre: テクニカル・プログレメタル

 

Track List

1. Overture
2. Nevermore
3. Underworld
4. Without You
5. Kiss Of Fire
6. Charon
7. Hell And Back
8. In My Darkest Hour
9. Run With The Devil
10. Swansong
11. Legend

 

テクニカルメタルの重鎮、Symphony Xの通算9枚目となるフルアルバムです。活動期間は20年を超えているので、まだ9枚目かという印象ですが、ここ最近はリリースのペースもだいぶ落ち、前作「Iconoclast」からは実に4年ぶりの作品となります。

アルバムはダンテの「新曲」をモチーフに製作され、僕は詳しい内容は知らないですが、Symphony X特有のダークさとマッチしたシリアスで哲学的ともいえるアルバムになっています。

初期はネオクラシカル系の楽曲主体でしたが、7枚目「Paradise Lost」以降はかなりモダン感が増し、若手テクニカルメタルバンドにも通じるような音楽性を打ち出してきています。今作もモダンさが前面に押し出されていますが、マイケル・ロメオによるギターソロはネオクラシカル感もありますし、メロハー感の漂うマイルドな部分もある、やっぱりそんじょそこらのバンドには作れない作品を作ってきたなぁ、という印象を受けます。

 


スポンサードリンク

 

とは言っても、メロディ至上主義の私、アブラハムにとっては、メロディの扇情力がイマイチに感じられたり、ハッとするようなアレンジがあったりする訳でもない、少し退屈な作品に聴こえてしまいました。

 


 

 

シンフォニックなインストに続く#2は、テクニカルなリフが全編を通して支配する、Symphony Xらしい曲。Youtubeにもリリックビデオがアップされていますね。サビは何気に7/4拍子になっている、プログレッシブさもある曲です。

続く#3もテクニカルさ溢れるアグレッシブな曲。サビ後のメロディは哀愁が漂っていて好みです。

#4はメロハーっぽい叙情的な曲です。パワフルに歌い上げないラッセル・アレンの歌声も味があって相変わらず素晴らしいです。こういう曲を作れるところが大御所なんだろうなぁ。

#5はシンフォニックなコーラスとブラストビートに始まるアルバムで最もアグレッシブな曲。続くリフもカッコいい。 サビがサビっぽくないのが個人的にはマイナス…

ミドルテンポの怪しい雰囲気の#6に続く#7は、このアルバムのハイライトと言うべき、9分超えの力作。イントロはどこのメロハーバンドかな?というくらいキャッチーなものですが、Aメロ以降の不思議なコード進行がストレートにはいかないプログレメタル感を醸し出します。サビも再びメロハー的なキャッチーなメロディーが戻ります。最初のサビにいくまで3分くらいかかるのがプログレですね。さらに中盤以降はテクニカルなリフとアグレッシブなメロディーも登場し、かなり複雑な展開を見せます。

後半の曲は特にインパクトがないですが、時折見せるキャッチーなメロディーがスパイスになっているのは良い印象です。#9のサビとかは特にいい感じですし、#10のピアノに始まるイントロ、その後の哀愁漂うメロディーラインはかなりグッとくるものがあります。

アルバムの最後を飾る#11はタッピングによるイントロとシンセの音色がスペーシーさを感じさせます。終盤に向かうにつれてドラマティックさを増していく展開もなかなか素晴らしい。

 


 

 

マイケル・ロメオのギタープレイを楽しむという意味では、様々なリフ、ソロが溢れているのでかなり充実した作品になると思います。ベテランのバンドらしい安定感も感じられますし、これまでの作品が好きなファンの方にはきっと気に入っていただける一枚であることは間違いありません。

とはいえ、メロディ至上主義の私みたいな人間にとっては、Symphony Xはあまり向いていないのかもしれません。ラッセル・アレンの歌声もパワフルで味もある素晴らしいものなのですが、なんとなくあっさりしているんですよね…これまでの作品と比較するとマイルドな展開も増えたのはかなり嬉しいところではあります。

 

Amazonなんかで見るとかなり評価は高いようなので、気になる方は是非!

 

 

アブラハム的オススメ曲 #7 To Hell And Back, #11 Legend

アブラハム的オススメ度 7 / 10

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>