2014年 HR/HMトップ25女帝 (BABYMETALも!)

babymetal_lady_gaga_tour

 

海外のメタルの情報サイト、Metalholicにて、2014年に輝いた女性メタラー25人が紹介されています!なんと、日本からはBABYMETALが選出されています!!

昨日発表されたビルボードチャートでも、先日発売されたCDが、ワールドアルバム部門で3位にランクしており、日本を飛び出して、世界中でBABYMETAL旋風が巻き起こっていることを感じます。

 

 

BABYMETALも勿論ですが、そのほかにも素晴らしい人ばかりが選ばれており、まさに2014年に輝いた女性達だと思います。ランキングにはなっていないそうです。

 

記事元
Metalholic’s Top 25 Women in Hard Rock and Metal for 2014

 

※気になったバンドには一言コメントをつけています 

 


スポンサードリンク

 


 

 

1. SARAH TEETS – MINDMAZE

2. SHARON DEN ADEL – WITHIN TEMPTATION

オランダの超有名シンフォニックメタルバンドのボーカリスト。元々ゴシック系だったのに、すごいパワフルな歌声です。ターヤ嬢もゲストで迎えてるアルバム「Hydra」はかなりの出来らしいですね。

3. ALISSA WHITE-GLUZ – ARCH ENEMY

言わずとしれたメロデスバンド、アチエネは新ボーカルを迎えたアルバムをリリースしていました。The Agonistのボーカルを引き抜いたらしい。本当に入れ替わりの激しいバンドだなぁ。

 

4. LIV JAGRELL – SISTER SIN

5. LIVE KRISTINE – LEAVES’ EYES

シンフォニック・ゴシック・メタルバンド、Leaves’  Eyesの美人ボーカル。このバンド、日本デビュー当時はとても話題になっていた記憶があります。今年も新譜を出す予定らしいです!

6. MARY ZIMMER & CHELA RHEA HARPER – WHITE EMPRESS

7. CRUCIFIED BARBARA

8. SIMONE SIMONS – EPICA

これまたオランダのシンフォニック・ゴシック・メタルバンド、EPICAのボーカル。実は今まで聴かず嫌いをしていましたが、こんなにアグレッシブでカッコいい曲をやっていたなんて、知らなかった。

 

9. NINA OSEGUEDA – A SOUND OF THUNDER

10. KOBRA PAIGE – KOBRA AND THE LOTUS

11. CRISTINA SCABBIA – LACUNA COIL

イタリアのメロデス/モダンメタルバンドのボーカル。アルバムを出すごとにキャッチーになっていくこのバンドは、ヘヴィロックあたりが好きな人にもオススメできるくらい、良質で聴きやすい音楽を演ってます。

12. CHARLOTTE WESSELS – DELAIN

またまたオランダのシンフォニック・ゴシック・メタルバンドのボーカリスト。オランダってこんなに多いんだ。このバンド、MVを聴いた限りでは、シンフォニックさもだいぶ薄れて、モダンさが目立つ作風になってます。

13. DIANNE VAN GIERSBERGEN – XANDRIA, EX LIBRIS

ドイツのシンフォニック・ゴシック・メタルバンドXANDRIAに、オランダ人のボーカルが加入したそうです。オランダは恐るべし国ですね。DIANNEさん、オペラティックでめちゃくちゃ上手い。

14. IDA HAUKLAND – TRIOSPHERE

ノルウェーのプログレメタルバンドのボーカリスト兼ベーシスト。今、アブラハムイチオシのバンドです。声がめちゃくちゃかっこいい。アルバムの出来も素晴らしすぎて、日本盤が出てしかるべきバンドです。

15. CARLA HARVEY – BUTCHER BABIES

16. MARIA BRINK – IN THIS MOMENT

17. KIM DYLLA AKA VULVATRON – GWAR, THISMEANSYOU

18. CADAVERIA – CADAVERIA, DYNABYTE

19. BABYMETAL

出ました、BABYMETAL!やっぱり世界中で注目を浴びているんですね!SU-METALはアイドルの域を超えて、もはや世界の一流ボーカリストと肩を並べるほどの実力を持っていると思います。

 

20. SABINA CLASSEN – HOLY MOSES

21. JESSICA SIERRA – MONGREL

22. ANN BOLEYN – HELLION

23. ELIZE RYD – AMARANTHE

このボーカリストも絶対はずせないですね。スウェーデン・イェーテボリ出身のモダンメタルバンドのボーカル、エリーゼ嬢。売れることを目的に結成された、いわばスウェーデンのBABYMETAL的なバンドですが、実力もばっちりです。BABYMETALのライブのSEでも流れてました。

昨年発売された3rdアルバムは国内盤が出ていないようです。日本でも人気のあるバンドだけに意外です。

 

24. FRANTIC AMBER

25. JACKLYN PAULETTE – REQUIEM

 


 

 

BABYMETALの紹介・日本語訳

 

古いロックの世界に生きていない限りは、日本の「Babymetal」の活動を無視することは難しいだろう。それは”SU-METAL” 中元すず香、”YUIMETAL” 水野由結、”MOAMETAL”菊地最愛の3人の歌手によるグループであり、SU-METALがメインボーカル、YUIMETALとMOAMETALがバックボーカルである。無名でありながらも実力派のプロのメンバーをバックに迎え、J-Popにデス・スピード・シンフォニックメタルの要素を織り交ぜた音楽性をもつ。2014年にBabymetalがやってのけたこと以上にメタルのシーンの幅を広げたバンドを思い浮かべるのは難しい。このグループはすぐさま世界中で愛され、また一方で忌み嫌われる存在となり、中立的な立場をとる者は少数であった。コアなメタラーは、このバンドをイロモノだとして、3人の若いボーカリストたちに秘めた才能をすぐさま切り捨ててしまった。しかしながら、アルバムはタイトな演奏、濃厚なアレンジ、そしてキャッチーな雰囲気が入り混じっている。投票したBabymetalのファンたちは、彼女たちの歌声は無視できないものであると口を揃えた。好きにしろ嫌いにしろ、大きな衝撃をメタルファンに与えたことは間違いなく、私たちも2014年に彼女たちに衝撃を受けた。

 

拙い翻訳ですが、このような感じです。ここ日本においても完全なイロモノ扱いですが、それでもクオリティの高い音楽を生み出し、メタルという陽の目を浴びないジャンルにこれほど光を当てる存在は長らくいませんでした。そういった意味では、このBabymetalの存在はとても大きなものです。

 

この記事のコメントにもBabymetalに関するコメントがいくつか寄せられていまして、

 

BabymetalはもはやTweens (10歳前後のこども)じゃない!特にSuzukaは、ハードな演奏にも負けない歌声を持っている!

みたいなことを書いているおじさん(推測)もいました。

 


 

 

いかがでしたでしょうか。

正直、海外の女性ボーカルのバンドはあまり聴かないので、知らない名前がたくさんありますが… こう見ると、やはりシンフォゴシック系とデス系が多いんですね。その中でも、BabymetalとTriosphereは異質であるように感じられますし、しかしながらある意味正統派な音楽をやっているので、僕はこの2バンドをオシていきたいです。

 



 

photo Credit by Dana (distorted) Yavin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>