TOEIC SW 受験記 【2017.2】


 

先月、TOEIC SWを受けてきました。結果も出ましたので、受験の感想や対策の方法をご紹介します。TOEICやTOEFL iBTも受けたことがあるので、それらとの比較も少し書きます。

 


 

TOEIC SW 試験概要

TOEIC SWは普通のTOEICと同じで月に1度開催されています。私は2017年2月に受験しました。通常のTOEICと違うのは、パソコンベースで受けること、あとは受験会場が少ないこと、が挙げられます。受験形態としてはテストセンターで受けるという意味ではTOEFL iBTに近かったですね。

 

試験入場時間

  • 午前の部 9:15~9:30
  • 午後の部 13:15~13:30

試験の所要時間 約1時間20分

  • スピーキングテスト20分
  • ライティングテスト60分

 

スピーキングはパートが6つに分けられていて、全部で12問あります。Q1-2は文章を読むだけ、Q3は写真について説明する、というシンプルなものです。

Q4-6とQ7-9は1つのダイアローグに対して3つ問いがあります。それぞれ最初の2問は15秒、最後の1問のみ30秒の回答時間があります。Q10及びQ11はそれぞれ回答時間が60秒で、問題の内容は異なりますが自分なりに内容を考えて話す自由回答となります。

一方、ライティングは3つのパートで全8問です。パート1は写真を見て説明を書く問題、パート2はEメール、パート3は自分の意見を書く問題です。パート3はTOEFLのIndependent Writingに近いものがあります。

詳しい説明は公式にあるのでご覧いただければ…

http://www.iibc-global.org/toeic/test/sw/about/format.html


スポンサードリンク


TOEIC SWを受けたきっかけ

私が受けようと思ったきっかけは、「そろそろ英語がなまってきているんじゃないか?」という焦りから、何かしら勉強しよう、その基準になるようなテストを受けてみよう、と思い立ったことです。新年の抱負にも書いちゃいました。

受験者数も少なくて、資格として参考になるようなテストではないとは思っていたので、単純に自分の実力を試すために受けてみました。

 


TOEIC SW スコア

TOEIC SW スコア

先に結果をお伝えすると、

スピーキング: 170点

ライティング: 200点

でした。まさかのライティングが満点でした。対策本もスピーキングしかやりませんでしたし、正直この結果は驚きです。

パート1とパート2は置いといて、パート3はこれがTOEFLのIndependent Writingだったら20点ちょっとだろうなあ、くらいの出来だったので、これで満点がとれるのか…というような手ごたえだったんです。

逆にスピーキングは結構手ごわいというか、回答時間が短いので、整然と話せないものは時間内に話しきれずに不完全燃焼という感じになりました。


TOEIC SWの対策法

TOEIC SWを受験するにあたって、とりあえず参考書を購入しました。それぞれのパートについての詳しい解説と対策というのは下記の本に書いてあって、かなり網羅されているので、是非購入して参考にしてください。

この本の良いところは、各パートの問題について対策が割かれているのですが、ただ問題をこなすだけではなくて、3つのトレーニングに分かれているので、いきなりハードルの高い問題を解かせるのではなく、無理なく各パートの傾向をつかめる、というのがあります。勿論最後には模擬テストもついているので、時間がなくてもこの一冊を終わらせるだけでTOEIC SWの傾向と基礎の力をつけられることは間違いないです。

ETSからも公式問題集が出版されていますが、やるのは上の参考書をこなしたあとでも問題ないです。値段も少し張りますし。

 

スピーキングのポイント

スピーキングは回答時間が非常に短いです。Q1-2は表示された文章を音読するだけなので置いておいて、Q3, Q4-6, Q7-9は回答時間が15~45秒なので、一度詰まってしまうと満足に回答するのが難しいです。ポイントとして以下の3つを挙げておきます。

1. Q3は写真を分割して、それぞれの場所に写っているものと人の様子を的確に話す

2. 前置詞や主語の設定は自分の中でパターンを決めておく

3. 質問について5W1Hの何を聞かれているかを意識して答える

上記の問題集の中でトレーニング問題がありますが、1については回答の仕方を知らないと45秒も何を話せばいいんだ…となることは間違いありません。

2及び3はなかなか普段英語を話す際にも意識をしない部分なので、問題集を解いていくなかで意識をつけていければ英語の実力もかなり上がりそうな気がします。私自身、30点の伸びしろはこのQ4-6, Q7-9だと思います。

Q10, Q11は、回答時間が60秒とTOEFLのIntegrated Taskと長さ的にも同じですが、最初のダイアローグが比較的シンプルなので、そこまで身構える必要はないように思います。自分のアイデアとそれをサポートする理由、具体例を1つ入れられれば満点が取れるのでは、と思います。

 

ライティングのポイント

正直ライティングはそこまで難しくありません。内容云々よりも自信を持って正しい文章を書き、聞かれた質問に答えられれば高得点間違いありません。

Q1-5の写真問題は、与えられた単語を用いて文章を作れれば、文法的に問題がなければ満点をとれるので、奇をてらわなくても自信を持って書ける文章を書けば問題ありません。

Q6-7はEメール問題です。問題文で回答に含める内容が指定されています。例えば、2つのコメントと1つの提案、といったような形です。Eメールの基本的な書き方と、元のEメールの内容に即した文章を書ければこちらも満点は難しくないです。

Q8の意見を記述する問題が、最もハードルの高い問題です。ただ、この問題は先ほどにも書いたように、TOEFLのIndependent Writing問題に類似しているので、同じような書き方をすれば得点もついてくるのでは、と思います。具体的には以下の3点を意識します。

1. 推奨された以上の単語数で書ききる。TOIEC SWの場合、300語以上。

2. オープニング(=主張)、ボディ(=話を膨らます)、結論(=主張を違う言い方で繰り返す)の3パートで書く

3. 主張はなるべくシンプルにして、自分の経験や体験談でボディを増やす。


 

TOEIC SWの感想

TOEIC SWはそこまでハードルが高いものではありません。多分、全然できなかったと思っていても、それなりの点数がとれているのでは、と思います。仮に現状TOEFL iBTでスピーキングもライティングも20点以上取れていれば、TOEIC SW用に問題集を1冊しっかりとやると、満点が取れるくらいの感覚です。

私自身も、ライティングでいきなり満点をとってしまったら伸びしろがないじゃん…と、今途方に暮れているところです。

ただ、自分の英語スピーキング/ライティングの実力を測るためには値段も手ごろで受けやすい私見だと思いますし、しっかりと勉強をすれば英語力がつくようになっている問題だと感じました。特にスピーキングは正確に話す力はかなり向上すると思います。

まだまだ認知度は低い試験ですが、TOEICのL/Rで高得点を取っている方々にとっては受けてみる価値のある試験ですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>