Tales of Almanac / Light Bringer それぞれの新たな道へ…


 

かつて僕が大好きだったバンドが先日、活動を休止してしまいました。日本のメタル界を引っ張るであろう存在だったバンド、Light Bringer。 ベーシスト・Hibikiさん率いるこのバンドは、全てのジャパメタファンに愛されながら、一区切りを迎えることになりました。

 

Band: Light Bringer

Album: Tales of Almanac

Year: 2009

Country: Japan

Genre: Melodic Metal

 

Track List
1. Diamond
2. Upstream Children
3. Rain
4. We're All in This Together
5. Frothy Summer~真夏の夜の夢~
6. Red Spider Lily
7. In Disguise
8. Closed Sister~雪待月の妹~
9. White Locked Night
10. 銀色
11. Hearn's Heaven
12. D.C.

 

インディーズ時代に発売された2ndアルバム。ライブをするごとに、アルバムを出すごとに、どんどんビッグになっていくその姿は、憧れでもあり、僕自身の大きな目標でもありました。そして、この当時、このバンドには他のバンドにはない最強の武器がありました。

6人の一体感。そして音楽が大好きだということが伝わってくる、メンバーの笑顔。

 


スポンサードリンク

 

Hibikiさん、Maoさん、Kazuさん、Seiyaさん、Satoruさん、そしてFukiてん。

勿論、外からは見えない様々なものがあったことは想像がつきます。しかしながら、当時、このバンドは最強だった。メジャーになった今でも越えられない、圧倒的な存在感がありました。

 

アルバムを通して聴くと、1stのような緊張感やプログレッシブさはなく、3rdほどのメタル感もない、非常にポップ寄りな作品ですが、全体を通して丁寧さが伝わってくる、とても完成度の高いアルバムです。

 

#1、Diamondは、ハイテンポな明るい曲。らぶりーを象徴する、ポップでキャッチーな、それでいてテクニカルさもある代表曲。

#2もらぶりーの代表曲。ふきてんの楽しそうな歌声が、聴いているこちらまで楽しい気分にさせてくれる、とてもポジティブでエネルギッシュな曲。ライブでも盛り上がる素敵な曲です。

#3は一転して、切なさをも感じるようなマイナー調の曲。曲によって使い分けるふきてんの声色がとても魅力的な、ミドルテンポの名曲です。

#4は再び明るくてポップな曲。ふきてんの書く歌詞もメッセージ性があり、この曲も当時のライブの定番曲でした。

#5以降は、おとなしめの曲が続きます。Maoさんのシンセ・ピアノが優しく響くバラード。

#6も、かなりテクニカルな曲ですが、音作り的に、非常にマイルドで、アニソンのような雰囲気もあるミドルテンポな曲。ソロのツインギターがめっちゃいい。

#7は、ビーイング!?みたいな、90年代らしさがぷんぷんする、ドラマチックな曲。後半のテンポアップからの勢いが大好きです。

#8は、3連符の曲。3連符なのに、ここまでポップに出来るのはすごい。。。メルヘンな雰囲気もある、かわいらしい曲。

#9は、8分近くある長い曲で、変拍子のバリバリ聴いたプログレッシブな曲。それでありながら、この曲もポップさ、キャッチ-さが強調された、とてもラブリーらしい曲。ふきてんのボーカルも力強さよりも繊細さの感じられる、とても魅力的な曲です。

#10は、ピアノインスト。Maoさんの才能が溢れ出た、とても素晴らしい曲です。これを20歳くらいで書き上げてしまうのだから、恐ろしい。切なさと優しさの同居する、とても落ち着く1曲。

#11は、インスト曲から続くスピードチューン。この曲もライブでは定番の、盛り上がる曲。壮大さも感じられ、サビではKazuさんとふきてんのハモりが絶妙です。メタル感もあり、テクニカルさもある曲なのに、これほど優しさを感じられる曲というのは、とても不思議ですが、これがらぶりーの魅力だった…

#12は、アルバムの最後を飾る曲。ゲームのエンディングテーマのような、明るくて希望に満ち溢れた雰囲気が感じられます。

 

 

アブラハム的オススメ度 8/10

 


 

過去を振り返っちゃいけない。そう思いますが、やはりらぶりーはこの頃が1番よかった…メジャーデビューを果たし、Kazuさんが脱退してからは、ビッグになりすぎて、ライブにも足を運ばなくなってしまっていましたが、最後くらいは見に行けば良かったと、改めてこのアルバムを聴いて思いました。

 

このバンドを全て背負ってきたひびきさん、本当にお疲れ様でした。Alhambra等で音楽活動は続けられると思うので、これまでと変わらない、本当に楽しそうに演奏するひびきさんの姿を、陰ながら応援出来ればと思います。。。

そして、まおさん。バンド結成時にはまだ高校生だった最年少のメンバーでありながら、最後までらぶりーを支え続けてきたことは、本当に尊敬します。音大を出たその才能は、各方面から引っ張りだこになること間違いなしだと思いますが、これからもメタル畑での活躍を期待します。

 

Light Bringerは終わった訳じゃない。

 

Light Bringerを離れた3人が在籍するバンド、Scambled Soul Circusのライブが決定しています。

 

メンバーを固定した活動をするのではなく、Kazuさんが声をかけたメンバーと活動をする、というコンセプトで動いているようです。メンバーも豪華です。ドラムの慧さん、ギターのSeiyaさんに加えて、ボーカルはTears of TragedyのHarukaさんを迎えてのライブ。

Tears of Tragedyも数回しかライブを見たことはありませんが、北欧っぽさのある哀愁漂うメロスピを演奏するバンドで、冴えわたる歌声を聴かせていました。そして美人。

 

 

MVもYoutubeにあがっています。Kazuさんらしい、メタルでありながらポップな曲に、Harukaさんの優しげな声がとても素敵なアンサンブルを奏でています。 やっぱKazuさんの曲はいいなぁ…

 

 

Kazuさんは、Art of Gradation名義でもSeiyaさんと組んだアルバムを発売しています。

 

対バンも非常に豪華です。

日本No.1激情メロデサーであるKeijaさん率いる泣きメロデスバンド・Veiled in Scarlet、そして激クラシカルキーボーディスト・Puzzyさんの在籍するシンフォニックメタルバンド・Ancient Mythの出演が決定しています。

 

   

 


 

 

6人とは言いません。また、あの演奏陣5人が、ニコニコしながらライブをしている姿が見たい。Kazuさん、なにとぞ、よろしくお願いしますm(__)m

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>