タグ別アーカイブ: 7/10

Underworld / Symphony X

Underworld/ Symphony X

 

ベテランの域へと突入し、安定感を増した1枚。

 

Album: Underworld

Band: Symphony X

Year: 2015

Country: USA

Genre: テクニカル・プログレメタル

 

Track List

1. Overture
2. Nevermore
3. Underworld
4. Without You
5. Kiss Of Fire
6. Charon
7. Hell And Back
8. In My Darkest Hour
9. Run With The Devil
10. Swansong
11. Legend

 

テクニカルメタルの重鎮、Symphony Xの通算9枚目となるフルアルバムです。活動期間は20年を超えているので、まだ9枚目かという印象ですが、ここ最近はリリースのペースもだいぶ落ち、前作「Iconoclast」からは実に4年ぶりの作品となります。

アルバムはダンテの「新曲」をモチーフに製作され、僕は詳しい内容は知らないですが、Symphony X特有のダークさとマッチしたシリアスで哲学的ともいえるアルバムになっています。

初期はネオクラシカル系の楽曲主体でしたが、7枚目「Paradise Lost」以降はかなりモダン感が増し、若手テクニカルメタルバンドにも通じるような音楽性を打ち出してきています。今作もモダンさが前面に押し出されていますが、マイケル・ロメオによるギターソロはネオクラシカル感もありますし、メロハー感の漂うマイルドな部分もある、やっぱりそんじょそこらのバンドには作れない作品を作ってきたなぁ、という印象を受けます。

 

続きを読む

Swing of Death / DRACULA

Swing of Death / DRACULA

 

2015年作品の第一弾レビュー。ヨルン・ランデのパワーにやられました。

 

Album : Swing of Death

Band: DRACULA

Year: 2015

Country: Norway

Genre: メロディアス・ハードロック

 

Track List

1. Hands of Your God
2. Walking on Water
3. Swing of Death
4. Masquerade Ball
5. Save Me
6. River of Tears
7. Queen of the Dead
8. Into the Dark
9. True Love Through Blood
10. Under the Gun
11. Hands of Your God (Bonus Track)

 

元Masterplanのヨルン・ランデと、元Wig Wamのティーニーを中心に結成されたプロジェクト、Draculaの1stアルバムです。ティーニーが作曲を担当していますが、Wig WamのアメリカンなHRとは全く雰囲気の違う仕上がりになっています。

そもそものコンセプトが吸血鬼であり、作品もどちらかというとダークでトラッドな雰囲気です。そして実力派(暑苦しい?)ボーカリストのヨルン・ランデが歌うとなると、かなりメタル度は高め。とは言っても、疾走曲は皆無な、どちらかというとスルメ盤的な感じです。Wig Wamのファンにとっても、Masterplanのファンにとっても、どっちつかずなアルバムという印象を与えてしまいそうですが、聴きこむとこれがクセになってくる。

 

続きを読む

VETELGYUS / Galneryus

By: NASA Goddard Space Flight Center

 

こんばんは、アブラハムです。今日はCDレビューの気分。

 

Band: Galneryus

Album: VETELGYUS

Country: Japan

Year: 2014

Genre: メロディックスピードメタル

1. REDSTAR RISING[Music : Syu]
2. ENDLESS STORY[Lyrics & Music : Syu]
3. THERE'S NO ESCAPE[Lyrics : SHO Music : Syu]
4. ULTIMATUM[Lyrics : SHO Music : Syu]
5. ENEMY TO INJUSTICE[Lyrics : SHO, TAKA Music : YUHKI]
6. THE JUDGEMENT DAY (VETELGYUS MIX)[Lyrics & Music : Syu]
7. VETELGYUS[Music : Syu]
8. ATTITUDE TO LIFE[Lyrics : SHO Music : Syu]
9. SECRET LOVE[Lyrics : SHO Music : YUHKI]
10. THE GUIDE[Lyrics : TAKA Music : Syu]
11. I WISH[Lyrics & Music : Syu]
12. THE VOYAGE[Music : Syu]

 

日本が誇るメロディックスピードメタル、ガルネリウスの9枚目のオリジナルアルバム。ボーカルの小野正利が加入してから、4作目になります。

キャリアも10年を超え、リーダーであり、ギタリストのSyuも円熟味を増してきた、という年頃でしょうか。1stアルバムからのファンとしては、Yama-b時代、特に初期3部作に強い思い入れがありますが、もうあの頃のバンドとは全く別物として聴いた方がいいのかなと思います。メンバーはそんなに変わってないんですけどね。

 

このアルバムの第一印象としては、だいぶポップになったなぁ。という感じ。小野さんが加入してからは、繊細な歌声を活かす曲が増えましたが、今作ではさらにポップな、耳障りの良い音楽を演奏しています。

また、アルバムタイトルのベテルギウスからも分かるように、冬の星空をイメージしたような曲が多く、それに伴ってYuhkiさんのシンセの音色もストリングス寄りになり、シンフォニックさが増しました。本当に、Yuhkiさんはアレンジの幅が広くて、プレイヤーとしてだけじゃなく、アレンジャーとしても尊敬するしかありません。

あと、今作で特筆すべきことが、もう1つあります。それは。

続きを読む

Escape From the Shadow Garden / Magnum

escape from the shadow garden / magnum

 

 

こんにちは、アブラハムです。

昨日は表参道に行ってきました。土曜日にはいろいろイベントがあって、表参道ヒルズには加藤ミリヤがいたり、東急プラザではオネエの方々がパフォーマンスをしていました。東京って魅力的な街ですね。

 

今日もレビューをします。

 

Album: Escape From the Shadow Garden

Band: Magnum

Year: 2014

Country: U.K

Genre: メロディアス・ハードロック

 

日本版を購入したんですが、2枚組になっていて、2枚目は2011年に発売されたベストアルバム、Evolutionが入っているので、なかなかオトクな1枚になっています。

個人的にはMagnumというバンドには思い入れがありまして、2年ほど前にスウェーデンに留学していた際に、留学先の街でMagnumのライブがあったんです。そこでMagnumを初めて見て、ボブ・カトレイの歌声に一目惚れならぬ、一聴惚れしてしまいました。

それからしばらく時が経って、昨年の6月にSweden Rock Festivalを見に行ったんですが、その時にAvantasiaのライブを見て、3曲目くらいにボブ・カトレイが出てきた訳なんですが、またボブ・カトレイの歌が聴けるとは思ってなかったので(Avantasiaはあまり詳しくない)とても嬉しくて、新譜が出たら是非買おうと思っていて、ようやく最近になって手にすることができました。

 

続きを読む