タグ別アーカイブ: プログレメタル

ドラマティックを極めたプログレメタル・7選

 

私、アブラハムが愛してやまない音楽、プログレメタル。プログレの美しさ、複雑な構築、そしてアーティスティックな感性と、メタルの激しさ、大仰さを共存させた、まさに芸術的な音楽です。1990年代にDream Theaterが登場して以降、プログレメタルは一気にメタルのメインストリームの1つとなり、近年ではテクニカルメタル、Djentといったような派生的なジャンルまで存在する、非常に懐の深い音楽です。

 

しかしながら、プログレメタルの最も魅力的な部分は、やはり音楽としての美しさ、クオリティの高さ、そしてプログレメタルでしか作り得ない、シアトリカルでドラマティックな展開だと思うのです。今回ご紹介するのは、鳥肌が立つほどに美しく、ドラマティックな5つのバンドです。

 

※インストバンドは除外しました。
 

 

 

1. Dream Theater

 

プログレメタルを語る上で外すことの出来ないバンド、Dream Theater。メタル界に燦然と輝く名盤、「Images and Words」は、プログレ的な側面、メタル的な側面、そしてメンバーの実力、どれをとっても超一級品のレベルに到達しています。発売されてから20年以上経った今でも全く色褪せることのない名盤です。

特にPull Me Under、Take the Time、Under a Glass Moon、Learning To Live等は、プログレメタルのお手本というべき名曲です。

 

 

そして、Images and Words の収録曲であり、彼らの代表曲である、「Metropolis Pt.1」の続編として作られた「Metropolis Pt.2 ~Scenes from a Memory」は、アルバム1枚がコンセプトアルバムとなっています。音像こそメタルではありますが、内容はプログレッシブロックのようにゆるやかに展開する、芸術性の非常に高い1枚です。収録曲、「Dance of Eternity」は、テクニカルなインスト曲としても非常に有名です。

 

 

続きを読む