12月13日~スウェーデンの祝日・聖ルシア祭

By: kajsa

 

今日は、スウェーデンのお話をしましょう。

12月になると、日本はクリスマス、そして大晦日が大きなイベントになっていますが、実は、スウェーデンでは、12月にもう1つ、大きなイベントの日があります。

それは、12月13日に行われる、聖ルシア祭です。

 

 

北欧の冬は厳しいです。僕の住んでいたヨンショーピンという街は、比較的穏やかな気候のところではあるのですが、それでも寒い日には-20℃に達し、一度積もった雪は1ヶ月以上融けることがありません。

そして何よりも厳しいのは、日の長さです。

北極に程近い、ラップランド地方では白夜(一日中日が昇らない)が有名ですが、ストックホルムあたりでも、朝9時に日が昇り、そして昼の3時には日が沈み、夜になってしまいます。

 

スウェーデンに住むと誰もが経験することですが、冬は気持ちが沈んでしまいます…

 

そういう環境にあるスウェーデン、北欧では、この「聖ルシア祭」というものが生まれ、ポピュラーなイベントとして発展してきました。ある意味では、クリスマスシーズンの本格的なスタートの日でもありますが、今日はこの「聖ルシア祭」に焦点を当ててお話します。


スポンサードリンク


「ルシア」とは

 

「ルシア」とは、寒くて暗い冬の季節に、光を届ける「光の運搬人」です。そして、ルシアは、小さな男の子や女の子です。手にロウソクを持ち、歌を歌いながら、街を歩きます。そして街中に、ロウソクの柔らかな光を届けてくれる、聖なる人物なのです。

白いローブを身にまとい、頭にロウソクのついた冠を載せて歩くその姿は、とても神秘的なものです。特に私たち日本人にとって、北欧の人々は、透き通るような白い肌、そして芸術品のようなきれいなブロンドの髪を持つ、まさに天使のような姿を身にまとっているように感じられます。

 

 

こちらはノルウェーの聖ルシア祭の模様ですが、とても幻想的な雰囲気が伝わってきますね(^^)

 


 「ルシア祭」の食べ物

ルシア祭では、「Lucia Bread (ルシアパン)」というパンを食べるのが通例になっています。

 

By: Ann

 

そして、飲み物は、Juleglögg という飲み物があります。日本語に直すとホットワインなのですが、ただ暖めたワインなのではなく、フルーツの皮や実、香辛料を入れて、煮詰めたものです。

 

 


「聖ルシア祭」の合唱曲

聖ルシア祭で、子どもたちが歌う曲があります。教会で歌うこの音楽は、とても神秘的なものですよ。

 

 

なんか、スウェーデンにまた行きたくなってきました。

 


 アブラハムの「聖ルシア祭」の思い出

僕は、2012年の聖ルシア祭の時に、スウェーデンにいました。ちょうど大学の冬休みが始まった時で、スペイン旅行に出かける朝、イェーテボリ(スウェーデン第2の街)のセントラル・ステーションで、聖ルシア祭のセレモニーを見ることが出来ました。

 

St. Lucia Day 2012

 

少女たちの透き通るような合唱がとても印象的で、美しい駅舎と、素敵なイルミネーションと相まって、とても感動したなぁ、と今でも思い出すことができます。

 

僕の住んでいた街、ヨンショーピンでも、大学の近くの教会で大きなセレモニーがあり、学校にいた人はこぞってそのセレモニーに参加していました。

 


ウィキペディアのページには、南欧のSt. Lucyと混同して、この聖ルシア祭が記述されていますが、正確には別物のようです。英語のページですが、このお祭りの由来が書かれているページがありました。

 

Lucia in Sweden | Sweden.se

 

日本ではなかなか知ることのないイベントですが、北欧諸国では、かなり大きなイベントとして、各街でセレモニーが行われたり、クリスマスらしさが一気に色づく1日でもあります。寒い季節ですが、このセレモニーに合わせてスウェーデンに行くのも、とても素敵なのではないでしょうか。

 

 

 



 

 

12月13日~スウェーデンの祝日・聖ルシア祭」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 本日「聖ルシア祭」!この日のスウェーデン人は何をする? | ADvantage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>