CP+ 2015 レポート

CP+

 

木曜日からパシフィコ横浜で開催されている、CP+に行ってきました。

 

CP+は、今年で5回目を迎える、デジカメを中心としたカメラ系の展示会です。各社この展示会に合わせて新作を発表したりすることが多いようです。僕はカメラと言っても、仕事柄ビデオカメラの方に馴染みが深いので、知識不足な感じが否めませんが、気になったものを紹介していきたいと思います。

 

パシフィコ横浜

 

昼間で天気が良かったはずなんですが、急に雪なんかが降ってきて、かなり寒い日となりました。

 


スポンサードリンク

 


 

 

SONY プロ向けタブレットPC

 

SONYタブレット

 

SONYブースで気になったのは、カメラではなくVAIOのタブレットPC。プロトタイプ段階ではあるのですが、タブレットではありえないくらいハイスペックなマシンになりそうです。

クアッドコアのCore i7を搭載し、液晶の色域はAdobe RGBカバー率が95%以上。さらに、タブレットでありながら、USBポート×2、HDMI、Display Port端子までついているという、かなり映像に拘ったプロ向けのスペックでした。デモ機では、Premiere Proで4K動画を再生しており、一般的なノートPCをも超えるような、いわばワークステーション・タブレットPCといった位置づけの商品になりそうです。

むき出しになってるディスプレイって傷がつきやすそうで、ちょっとずつ色再現性が失われていくような気もしなくはないですが、その辺はアクセサリでカバーするのでしょうか…

 

タブレットにしては分厚さも重量もそれなりにはありますが、それでもノートPCよりは薄く、軽い印象です。価格は未定ですが、28万円前後になるんじゃないか…という話を聞きました。

 


 

 

OLYMPUS E-M5

 

EM-5

 

 

今持ってるコンデジがオリンパスというだけでオリンパスファンなのですが、新作の目玉はミラーレス一眼のE-M5のようです。5軸手ぶれ補正という、強力な手ぶれ補正機能がついていて、その装置の展示もあり、なかなか工夫された機能だという印象を受けました。

 


 

 

レンズとモニタが分離する CASIO EXILIM

 

CASIO EXIL

 

今回最もどういうこと?と感じた製品がこのCASIOのEXILIMシリーズの製品。レンズを外して撮影ができるらしく、レンズ部分だけだとかなり小さいし軽いです。フルHD動画の撮影も可能で、アクションカム的な要素もある、なかなか魅力的な製品に感じました。画質よりも飛び道具的な感じの使い方でしょうか。

 


 

 

カメラ以外にも。

 

NHK 8K

 

NHKのブースでは、8Kの映像が放映されていました。

 

NHK 8K 素材

 

 

せっかくなら、つい先日撮影されたさっぽろ雪まつりの映像とかも見たかったですが、今回はこの上映内容でした。InterBEEの時から素材も増え、少しずつ8Kへの準備も進んでいるのかな、という印象を受けました。ただ、圧縮形式とかどこのカメラを使っているかなどは不明でした。

 

プロ向け動画コーナー

 

そして、端っこの小さなスペースに、プロ向け動画エリアがありました。

あんまりCP+で出す意味ないような…という感もありますが、最近のデジカメは動画機能もかなり充実しているので、ふらっと立ち寄る人もいるのでしょうか。Blackmagic DesignやAJA、Grass Valley等が出展していましたが、各社ともブースはかなりせまかったです。

 

Grass Valleyブースでは4K対応EDIUSが展示されていて、HP社のZ820ベースのPCで、QuickTimeのMOV 4K 24p素材を再生させていました。2レイヤーはコマ落ちせずに再生できていたので、なかなかの高機能です。まだ60p再生には問題があるらしく、ハード面での進化が期待されます。

 


 

 

アブラハムが気になったものを少し紹介してきましたが、正直この分野はあまり詳しくないので、来年のCP+ではもっと詳細なレポートが書けるようになってたいです。他の気になる製品についても知りたいよ、という方には、下記リンクのPRONEWSさんの記事がとても参考になると思います。

 

PRONEWS

 

日曜日まで開催なので、まだ参加されていない方は是非足を運んでみてください!

 



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>