クリスマスは、バルセロナで。 Pt.1 ~旧市街・ゴシック地区、マジック・ファウンテン~

サグラダ・ファミリア教会祭壇

 

今年もクリスマスの季節がやってきました。

人生で一度は、クリスマスを海外で過ごしてみたい、と思ったことがあるのではないでしょうか?

私は幸いなことに、スウェーデン留学中の2012年に、クリスマスをバルセロナで過ごしました。冬休みに30泊31日の超貧乏旅行を決行し、予算が少ないながらも素敵なホステルに泊まり、仲のいい友人やホステルで知り合った人たちと、思い出に残るクリスマスを過ごすことができました。

 

ヨーロッパのクリスマスは、賑やかでありながら、とても厳かな雰囲気が感じられます。特に、クリスマス前後には多くのお店が閉まってしまうため、場所と時間帯によっては街中でもとても静かなことがありました。

では、バルセロナの紹介をさせて頂きます。

 


 

ゴシック地区

バルセロナ旧市街・ゴシック地区

 

 

旧市街・ゴシック地区は、スペインの中でもかなり古い街並みで、とても細い路地に、歴史的な建造物が立ち並ぶ、とても神秘的な地区です。夜になると、イルミネーションが美しい、とてもロマンチックな街にもなります。

 

カテドラル

バルセロナのカテドラル

 

 

ゴシック地区にはいくつか大きな建物がありますが、このカテドラルも非常に目立つ美しい建物です。建物自体はとても古いのですが、尖塔だけは比較的新しく、19世紀に追加されたもので、さらに美しさを際立たせます。

 


スポンサードリンク

 

 

バルセロナの教会・内部

 

内部は非常に厳かで、非常に高い天井が印象的な教会でした。日本のお寺と同じように、教会も似たようなものが多いのですが、やはりどこに行っても神聖な空気を感じます。

 

バルセロナ市庁舎

バルセロナ市庁舎

 

 

この日は市庁舎に偉い人が来ていたようで、多くの人が詰めかけて、旗を振っていました。

その旗はカタルーニャの州旗です。この地域の人々は独立心が強く、スペインからの独立を強く求めているため、スペイン国旗よりもこの州旗をよく見かけました。観光スポットに行っても、カタルーニャ語とスペイン語が併記されていたりして、とても驚きました。

 

パブロ・ピカソ美術館

ピカソ博物館休館日

 

ゴシック地区には、有名なピカソ美術館もあります。それほど大きい建物ではないですが、歴史的な建物で、とても重厚感のある出で立ちでした。残念ながら休館日だったので、是非開館日を調べて訪れてください。

 

カガネル人形

バルセロナ・カガネル人形

 

 

ゴシック地区のお土産屋さんで見かけたものなのですが、この人形、何をしているかというと、皆、トイレをしているんです。カタルーニャ地方のお守りみたいなもので、年末になると一気に売り出され、翌年の幸運を呼ぶということです。近年では、様々な人にトイレをさせる、かなりユーモラスな人形が多いみたいです。

 

ゴシック地区以外にも、たくさんの見どころがあります。クリスマスシーズン、最も賑わっているのは、なんといっても市場です。クリスマスのごちそうのための買い出し、そして年末になるとお店も本格的に閉まってしまいますので、新鮮な食材を求めて市場に向かいます。

 

ボケリア市場

バルセロナ・市場

 

 

バルセロナの大通り、ランブラス通りに面して、ボケリア市場(サン・ジョセップ市場)があります。立地がいいので、ものすごい混みっぷりですが、その賑わいを楽しめます。

 

夜のランブラス通り

ランブラス通り

 

 

この写真は少し自信がないのですが、ランブラス通りだと思います。立派なクリスマスツリーが歩道に出て、通りをずーっとイルミネーションが照らしています。ヨーロッパでは、このようなライトが街中に溢れていて、通りによって飾りが違ったりします。ヨーロッパの人々の、クリスマスへの思いの強さが感じられる光景です。

 

マジック・ファウンテン

Magic Fountain

 

 

市街地から少し外れたところにある、国立博物館の近くには、とても大きな噴水があります。クリスマス前になると、このように噴水のイルミネーションが行われます。写真ではあまり伝わらないかもしれませんが、これがものすごい迫力で、クリスマスの思い出になること間違いなし、なイベントになっています。

 

国立博物館のライトアップ

バルセロナ・国立博物館ライトアップ

 

 

国立博物館と、その前にある噴水もライトアップされ、こちらもとても綺麗です。最寄りの地下鉄の駅からは、ずっと噴水が続いていて、それが若干バブリーな感じもして、それはそれで異国情緒があります。

 

 


 

 

いかがでしたでしょうか。バルセロナは100万人以上の人口を抱える大都市なので、決して小さな街ではありません。規模的には京都と同じくらいでしょうか。街中に観光スポットがあるので、全ての観光スポットを1日で訪れることは不可能に近いのかな、と思います。

私たちも4日程滞在しましたが、行きたいところを全て廻れた訳ではありません。外から見ているだけ、ということも多かったので、全てのスポットに入ったり、ショッピングの街でもあるので、バルセロナを味わいつくそうと思うのであれば、1週間くらいは必要になる、という感じです。

 

 

1日の日記では書ききれませんでしたので、次は、ガウディ建築を中心に紹介をしたいと思います。

クリスマスは、バルセロナで。Pt.2 ~ガウディ建築とモンジュイックの丘~

 



 

クリスマスは、バルセロナで。 Pt.1 ~旧市街・ゴシック地区、マジック・ファウンテン~」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: クリスマスは、バルセロナで。Pt.2 ~ガウディ建築編~ | アブラハム2ndのメタル×英語.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>