カテゴリー別アーカイブ: English

英語に関することを書いていきます。

TOEIC SW 受験記 【2017.2】

 

先月、TOEIC SWを受けてきました。結果も出ましたので、受験の感想や対策の方法をご紹介します。TOEICやTOEFL iBTも受けたことがあるので、それらとの比較も少し書きます。

 


 

TOEIC SW 試験概要

TOEIC SWは普通のTOEICと同じで月に1度開催されています。私は2017年2月に受験しました。通常のTOEICと違うのは、パソコンベースで受けること、あとは受験会場が少ないこと、が挙げられます。受験形態としてはテストセンターで受けるという意味ではTOEFL iBTに近かったですね。

 

試験入場時間

  • 午前の部 9:15~9:30
  • 午後の部 13:15~13:30

試験の所要時間 約1時間20分

  • スピーキングテスト20分
  • ライティングテスト60分

 

スピーキングはパートが6つに分けられていて、全部で12問あります。Q1-2は文章を読むだけ、Q3は写真について説明する、というシンプルなものです。

Q4-6とQ7-9は1つのダイアローグに対して3つ問いがあります。それぞれ最初の2問は15秒、最後の1問のみ30秒の回答時間があります。Q10及びQ11はそれぞれ回答時間が60秒で、問題の内容は異なりますが自分なりに内容を考えて話す自由回答となります。

一方、ライティングは3つのパートで全8問です。パート1は写真を見て説明を書く問題、パート2はEメール、パート3は自分の意見を書く問題です。パート3はTOEFLのIndependent Writingに近いものがあります。

詳しい説明は公式にあるのでご覧いただければ…

http://www.iibc-global.org/toeic/test/sw/about/format.html

続きを読む

トーストマスターズ・初スピーチを終えて

 

今日の東洋経済オンラインにて、トーストマスターズに関する記事が掲載されています!

 

参考記事
「コミュニケーションエリート」になるには?~米国のトーストマスターズで学ぶこと

 

このブログでも書いていますが、僕自身も昨年末にトーストマスターズに入会しました。まだ始めたばかりなのですが、このブログでも何度かご紹介しているので、そちらも読んでいただけるとありがたいです!

 

関連記事
安くてオススメな英語勉強法・3選
アブラハム2nd・英語遍歴 Pt.3 (大学卒業~現在)

 

上記の記事では、トーストマスターズがコミュニケーション力をつける方法の一つとして取り上げられています。僕自身も、留学をするまでは人前で発表を行うということに慣れておらず、留学先でかなり苦労しましたし、それは留学を経た今現在も課題となっています。僕は営業マンとして、不慣れながらも提案活動をしたり、デモを行ったり、展示会でお客様に製品の説明をしたりするので、リーダーシップを発揮する立場でなくても、人に伝えるスキルは必要だと日々感じています。

 

ですので、この記事にあるように、コミュニケーション力・パブリックスピーキング力というのはかなり重要視されるようになってきていると感じるので、トーストマスターズの活動は日本でもどんどん広まっていくのかな、と思います。じゃあ実際、トーストマスターズはどんな感じでやってるのさ、っていうのを少しでも伝えられたらと思うので、これから僕自身の経験も少しずつブログに書いていきます(具体的な内容は入会してテキストを読んでください笑)。

 

続きを読む

アブラハム2nd・英語遍歴 Pt.3 (大学卒業~現在)

 

だいぶ赤裸々に語ってきた英語遍歴シリーズですが、あまり伸ばすのもなんなので、3回目で完結となります。これまで2回で、大学入学から留学、そして卒論のところまで書いてきました。〇ヶ月で〇点アップ!みたいな、猛烈な生活はしてきていませんが、普通にやってても、ちょっとした努力で英語が出来るようになるということを知っていただければと思っています。

 

前回までの記事
アブラハム2nd・英語遍歴 Pt.1 (大学入学~TOEFL iBT受験)
アブラハム2nd・英語遍歴 Pt.2 (留学~就活・そして卒論)

 

卒論が終わり、晴れて自由の身となったところからのスタートです。

 


 

 

東南アジア・卒業旅行

 

卒論も終わり、2月の中旬くらいから2週間程、卒業旅行に行ってきました。日本語の通じない環境に行くことは久しぶりの感覚で、やはり英語を使えることは重要だな、と気づかせてくれた旅となりました。

行き先は、台湾・マレーシア・タイの3ヶ国。帰国子女の友人(英語ペラペラ)と一緒に、お互い現地に友人がいたこともあって、かなり大胆なツアーを組みました。今回もLCCを乗り継ぎ、相部屋のホステルに泊まる日々。ヨーロッパと違ってインフラも十分とは言えない、治安も決して良くはない国に丸裸で行くのにはそれなりに勇気がいりましたが、結果的には各地で友人を作ることもできて、とても楽しい旅行となりました。

 

回った街は、高雄~台南~台北~九份~クアラルンプール~バンコク~アユタヤ~ペナン。

驚くことに、3ヶ国・8都市・2週間の旅で、出費が合計で10万円以内におさまっちゃいました。それは、日本語が通じない路線でもLCCに乗ることが出来たこと、身の回りの最低限の危機管理が出来るようになったこと、そのため安い相部屋のホステルでもちゃんとやりとりが出来たことに尽きると思います。

 

最終日の飛行機の中で胃腸炎にやられるまでは良い旅でした。笑

 

  

 

続きを読む

アブラハム2nd・英語遍歴 Pt.2 (留学~就活、そして卒論)

Sweden Life

 

前回の記事では、2011年の終わりまで、アブラハムの英語遍歴について書いていました。この記事では、2012年以降、留学生活~帰国までの遍歴についてご紹介します。

 

前回の記事はこちら

アブラハム2nd・英語遍歴 Pt.1 (大学入学~)

 

※アイキャッチ画像は留学先の街の景色です。懐かしい。


 

2012年(20歳)

その後も何度かTOEFLのテストを受けましたが、最終的には78点が最高スコアで、留学派遣生に決定しました。この時期はアルバムの制作も同時並行で行っていたので、めちゃくちゃ忙しく、英語どころじゃない時期でした。アルバムが完成すると、その後はライブも月1~2回のペースで行っていたので、ある意味充実していた時期でもあります。

 

この時期に、 気分転換にTOEICを受けてみようと決心し、全く勉強をせず受験してみました。実はこの時が初めてのTOEICテストでした。英語をこなす力がかなりついていたおかげで、時間内に終わらせることはできましたが、逆に、TOEIC特有の、重箱の隅をついてくる問題に対しては全く歯が立ちませんでした。

 

TOEIC 790点 (3月)

リーディングは文法が、リスニングは短文のところの点数が著しく低かったです。それは今も変わっていないですが…逆に、リーディング、リスニングともに、後半のパートは9割近い正答率でしたので、そこは自信につながりました。

続きを読む

アブラハム2nd・英語遍歴 Pt.1 (大学入学~TOEFL iBT受験)

Sweden Life 2

プロフィールに加えて、私・アブラハムがどのように英語を勉強し、上達してきたのかをご紹介します。

 

高校までは、地方に住んでいた普通の高校生でした。勉強は得意な方でしたが、ずっと公立校に通っていて、特別な経験というものは全くありません。もともと英語は得意ではなかったですし、今ここまで上達したのも大人になってからの努力だということを知っていただいて、今からでも全然勉強できるんだ、という参考になれば幸いです。

 

※アイキャッチ画像は留学先の街並みです。静かなところでした…

 


 

 

2010年(18歳)

 

大学入試センター試験 英語168点、リスニング40点

良くもなく悪くもなくといったところです。ちなみに二次試験では、H橋大学とY浜K立大学を受験しています(その後Y浜K立大学入学)。この頃は、文系受験生の中の上くらいの英語力だったと思います。海外旅行にも行ったことはありませんでしたし、国内でも英語を使ったことがなかった、受験英語だけしかできないタイプの人間でした。

大学に入学してからは、交換留学を一つの目標として、TOEFL対策に焦点を当てて勉強していくことになります。6月くらいから勉強するようになりました。最初は、TOEFLの難しさにくじけちゃったので、地道に英語を勉強していくことになります。当時使っていた参考書はこちら。

 

  

 

リスニングでは、1分くらいの会話がたくさん載っている本を選んでました。 シャドーイングが大事だということは常々言われていたので、単語の難しさよりも、どういう風に会話のキャッチボールをするのか、ということを中心に勉強していきました。

一方で、Grammar in Useという、世界中で最も売れている参考書(イギリス英語だけど)を使って、用法とか、文法とかの勉強もしていました。これは大学の講義で使っていたものなので、全部やった訳ではないですが… 英語をしっかり勉強したいという人は是非使ってほしい1冊です。

 

続きを読む