投稿者「abraham2nd」のアーカイブ

Carved Kinship作品ストリーミング配信のご案内

 

こんにちは、アブラハムです。この度、Carved Kinshipの音源のストリーミング配信を始めました。今まで有料で購入いただいていた音源につきましても、お使いのストリーミングサービスで楽しんでいただけるようになりましたので、まだ聴いたことない、という方は是非チェックください。

 

Heartbeat (2013.10頒布)

ゴッド清洲氏をボーカルに迎えて発表しました、2曲入りシングルです。

Spotify

Apple Music

https://itunes.apple.com/jp/album/heartbeat-single/1333473549

 

Rebellion (2011.12頒布)

Carved Kinship初のミニアルバムです。歌モノは3曲ですが、プログレッシブ要素の強いコンセプトアルバムになっています。

Spotify

Apple Music

https://itunes.apple.com/jp/album/rebellion-ep/500185376

 


 

お楽しみいただければ幸いです。また、是非ご共有のほど、よろしくお願いします。

全メタラーにおすすめ!クサメタルバンド8選+α

 

皆さん、クサメタルは好きですか?

 

クサメタルというジャンルがある訳ではないですが、メロスピ・シンフォニックメタルというジャンルのバンドの中には、ひたすら扇情的なメロディを奏で、大仰な展開を駆使し、時に強烈な哀愁を誘う、そんな音楽を作るバンドがいます。そういったジャンルの音楽を、我々は尊敬の念を込めて、クサメタルと呼んでいます。

簡単に言うと、ガッツポーズしたくなるメタル(特にメロスピ)がクサメタルです。

 

そういったバンドは、Rhapsody、Sonata Arcticaがデビューした辺り、1990年代末から一気に増え、2000年代前半に1つのブームを迎えました。シンフォニックなアレンジに、疾走する曲。若さ溢れるバンドが数多く現れ、そして消えていきました。しかしながら、そういったバンドが成熟し、様々な音楽を追及していった結果、現在では、純粋なクサメタルを作り続けるバンドというのは減っていってしまっている気がします。

 

とはいえ、この日本でのクサメタル人気は衰えることはなく、数多くのジャパメタバンドが、クサメロ(クサいメロディー)を乗せたメロディックスピードメタルを軸に据えて活動しています。そして、同人音楽、特に同人メタルの世界では、いかにクサメロを取り入れるかが、成功の要因の1つと言っても過言ではありません! 本記事では、世界中のクサメタルを聴いてきたアブラハムが7つのバンドをチョイスしてご紹介します。

シンフォニックな同人メタル好きには是非おすすめです!

 

続きを読む

2017年のベスト・メタルアルバム10選 Part2

 

皆様、あけましておめでとうございます。アブラハムです。2018年もよろしくお願いします。今年も年始から気になる新譜が続きます。2018年もメタル漬けの1年にしていきましょう!

先日投稿しました、2017年のベスト・メタルアルバム10選 Part1の続編です。前回は、6~10位を発表しましたので、残りの5~1位をご紹介します。

 

続きを読む

2017年のベスト・メタルアルバム 10選 Part1

 

皆様、ご無沙汰しております。アブラハムです。2017年はどんな年だったでしょうか。個人的には、今年はSecret Sphereのライブのチケットを買っていたにも関わらず、会社のイベントで参戦できなかったのが心残りです。

今年もメタルやハードロックを数多く聴いてきました。最近はAmazon Musicの恩恵も受けて、例年以上に多くのアルバムを聴けた気がします。いい時代になりましたね。今年はその中から、印象に残った10枚を2回に分けてご紹介します。

続きを読む

早春の奈良旅行2 ~洞川温泉・今井町~

こんばんは、アブラハムです。先日の3連休に奈良に行ってきました。前回の日記では、賀名生梅林で春を満喫したり、寒さの残る洞川温泉でリラックスした話を書いていました。

翌日は洞川温泉にある面不動鍾乳洞を訪れ、その後は山を下りて、ずっと行きたかった橿原の今井町を散歩してきました。

(追記) 公開までだいぶ間があいてしまいました…


 神秘の面不動鍾乳洞

面不動鍾乳洞3

洞川温泉のあたりには景勝地がいくつかあります。その中でも、近くに鍾乳洞が2つあり、1つは五代松鍾乳洞、もう1つが面不動鍾乳洞というところです。五代松鍾乳洞の近くには、こちらも有名な湧き水、ごろごろ水が湧き出ており、水を汲んで帰っていく人がいたりしました。

続きを読む