After graduation… もう一度自分を奮い立たせる。


 

こんばんは、アブラハムです。

今日は、TEDで、今の僕にぴったりなプレイリストがあったので、

僕からも紹介させて頂きます。

 

http://www.ted.com/playlists/158/graduation_now_what

 

Graduation…now what?

「卒業したけど…そんで今は?」というタイトルです。

 

卒業して、社会に出て、まあつまらない生活を送ってるやろうけど、

もう1回自分を奮い立たせてみないかい?

みたいな感じなんじゃないでしょうか。

 

僕もまだ、最初の2つしか見てないですが、確かに、今の僕にはいい薬になります。

 

最初のプログラムは、Gritこそが、成功を収めるのに持つべき要素だ、という話です。

Gritは、ちょっとよくわかんないですけど、

長期的な目標に対して持つ、情熱とか忍耐力だそうです。

Gritはスタミナみたいなもので、

何年もかけて継続的に、一生懸命努力して、目標を実現させる力だとも話しています。

 

1つ、とてもいい言葉がありました。

“… they are much more likely to persevere when they fail, because they don’t believe that failure is a permanent condition.”

「彼ら(Grittyな子ども)は失敗したときこそ、忍耐強い。なぜなら、彼らは失敗が永遠に抜け出せない状態だとは思っていないからだ。」

 

失敗っていうのは一時的な状況で、それは別に怖いことでもなんでもないんですね。

胸に刻みます。

 

 

2つ目のプログラムです。

これは、幸せに働くために必要なこと、についての講演です。

まず、大事になのは、発想の転換です。

成功するから、幸せになれる訳ではないんですね。

 

前向きになれるから、より良いパフォーマンスが出来て、成功するんだそうです。

 

前向きになる、ポジティブになる方法を書いておきます。

  • 3 Gratitudes (3回感謝する)
  • Journaling   (ポジティブな出来事を書き留める)
  • Excercise   (脳は自分の振る舞いに左右される)
  • Meditation   (瞑想-1つのことに集中できるようになる)
  • Random Acts of Kindness (親切なことをする)

 

3週間続けて、1日2分、同じことをやれば、それはパターン化されるそうです。

 

2つ目のプログラムは結構長いので、もっとニュアンスを知るために、

自分でも見てみてください。

 

とても前向きになれる講演が続きそうなプレイリストですね。

継続して最後まで見ていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>