晴れの国 岡山 ~瀬戸内海を満喫~

牛窓1

 

7月某日、週末を利用して1泊2日で岡山に行ってきました。大阪から新幹線で1時間弱、高速バスでも3時間で到着するアクセスの良さでありながら、岡山・倉敷という観光スポットもあり、そして、なんといっても瀬戸内海の雄大な景色が楽しめるという、関西に引っ越したからには(関西じゃないけど)是非行っておきたい土地でした。

1日目は岡山に住む友人に案内してもらい、瀬戸内海の絶景を巡りました。

 


 

朝10時前に梅田発のJRバスに乗り、岡山へと出発。社会人3年目になっても土曜日の朝が辛いのは変わらず、結局走ってバス停まで向かうことに。家が近くてよかった…

ちなみにこのバス、予約しておくと3000円以下で乗れます。JRバスだと梅田から、両備バスだとなんばからの出発になりますが、価格は同じくらい。乗客には観光客らしき人はあまりおらず、地元の方々の足になっているようです。新幹線でも5000円くらいだし、新幹線乗っちゃうのかな。

 


スポンサードリンク

 

13時前に岡山駅に到着し、友人と合流。すっかり岡山の人になってました。車も運転できるし。羨ましいなぁ。途中、ナビの行先を間違えて小豆島行きのフェリー乗り場に行くなんていうハプニングもありつつ、遅めのお昼にしました。

「ボン・ヴォイージ」というカレー屋さん。写真撮り損ねたのでリンク貼っておきます。

http://xxxmofumofuxxx.blog84.fc2.com/blog-entry-2916.html

 

入る店間違えたかな…ってくらい立派な美術品が所狭しと並べられているし、庭に池あって鯉が泳いでるし、カレーはご飯と別々になってるし…っていう、20代男子には似つかわしくない、セレブな空間でのお昼ご飯になっちゃいました。といってもカレー自体は1000円ちょっとで食べれたから満足です。よくよく見るとギャラリーが併設されてたり、謎のドレスが販売されていたり、なんなんだこの店。

 


 

 日本のエーゲ海・牛窓

牛窓5

お腹もいっぱいになったところで、岡山の旅第一の目的地、牛窓へやってきました。 遠いところまで1人で運転してくれて感謝。牛窓は岡山市よりも東側にある、瀬戸内海に面した街で、これまで数々のドラマや映画のロケ地として使われたこともある有名な土地らしいです。その理由は勿論、瀬戸内海の島々が眺められる風光明媚な土地柄であり、ビーチもあってリゾートホテルもあるような、陽気な空気感を漂わせているからでもあるかもしれません。

「日本のエーゲ海」という触れ込みだけあって(?)、海に面したオリーブ園があり、そこから見る景色がなんとも素敵でした。手前にある低い木がオリーブの木なのかな。

牛窓2

広い海を見ていると心が洗われます。都会に住んでると、シンプルに青い空と広い海、豊かな緑に感動できるのがいい。周りを見渡すと、心なしか癒しを求めに来ているのかと思うような年代の人もちらほらあって、おんなじこと考えてる人もいるもんだなぁ、と心がふわっとなりました。

牛窓1

雨の予報を吹っ飛ばす晴れ男、ここに爆誕。天気良くしてほしかったら呼んでください。

 

このオリーブ園には「幸福の鐘」というのがあり、3回鳴らすと願いが叶うと言われています。ぼくは恋人の聖地なんてことを知らずに、冬こそはボーナスが出ますように、と願ってしまいました。

ボーナス出るかなぁ…

 


 

オリーブ味のジェラートを食べる

牛窓3

 

エーゲ海に牛がいるのかは分かりませんが、牛窓で有名なジェラート屋さんで休憩することに。お店に入ってまず気づいたのが、店員さんが全員若くて全員かわいい。どうなってるんだこの店。

そんなことはおいといて、海沿いのエリアにでも行かない限りお店はあんまりないので、このジェラート屋さんがあるのはとてもありがたい。いろんな味のジェラートをショーケースから取り出してくれます。

 

牛窓4

無難にミルクとオレンジ味のジェラートを注文。友人はオリーブ味のジェラートを注文していました。オリーブなんてお酒のアテだろ?と思っていましたが、切り刻んだオリーブとミルクのジェラートがなかなかいい感じにマッチしていました。普通においしかったです。

逆にミルク味とオレンジ味のジェラートは味が似てて違うの頼めばよかった…ってなりました。笑

旅行誌を見てると、干潮時にだけ島へ続く道が出来る「ヴィーナスロード」というものもあるそうで、今度訪れた時はタイミングを合わせて行きたいなぁ、なんて思ってます。

 


 瀬戸内海巡り第二弾、鷲羽山からの瀬戸大橋

瀬戸大橋2

 

夕暮れ時に瀬戸大橋の麓、鷲羽山にやってきました。瀬戸大橋は児島という街から程近くにあって、昼間に行った牛窓とは岡山市街地を挟んで反対側なのですが、土曜日の夜にはライトアップされる、という噂を聞きつけ、無理を言って運転してきてもらいました。

夕方にはもう閉館していましたが、鷲羽山には遊園地があるらしく、そこには相当恐ろしい乗り物があるようです。その名も「スカイサイクル」。ビビりの僕には到底乗れないであろうやつですね。

ユニバのやつでさえもう2度と乗りたくないもんなぁ…

 

そんなことはさておき、鷲羽山の展望台にやってきました。

瀬戸大橋1

夕焼けの瀬戸内海は本当にきれいです。海があって、島があって。ストックホルムの海もこんな感じで、まあ勿論こんな暖かくはないんですけど、やっぱりこういう景色は自然に生きるものとして、心が浄化されていくような、そんな気持ちになります。

展望台の駐車場から少し上っていくと、いくつか展望台があるのですが、歩いて10分程で山頂まで行くことが出来るので、せっかくなら登るのがおすすめです。僕たちが登った時には素敵な大学生カップルが瀬戸内海の景色を写真におさめていました。美男美女、うらやましいぜ。

教えてもらった話ですが、瀬戸大橋は本州から島、島から島、島から四国と、すべて異なる形の橋がかかっているのです。電車では何度もわたっているのですが、こうやって瀬戸大橋が見渡せるスポットに来て初めてわかることもあるんだなぁ、と、黄昏ながら物思いに耽る夕暮れでした。

 


  岡山のグローバルなゲストハウス

KAMP1

 

岡山の夜も更ける頃、市内のゲストハウスにやってきました。岡山駅西口の奉還町というエリアにあります。1階はカフェバーになっていて、週末にはDJも登場するという、岡山にいながらにして海外にいるかのような、とてもオシャレな空間です。まだ開業して2年程らしく、清潔感もあっていい感じ。

東口駅前の本町、岡山城近くの表町エリアともちがう、下町感溢れる奉還町エリアは、暗くなってお店が閉まってからものんびり散歩が出来るような、とても雰囲気の良いところで、いいところにゲストハウスを作ったなぁ、と感じ入りました。

ドミトリーはほとんどが外国人で、一人旅でふらっと訪れたりなんかすると、外国人とも仲良くなれそうな、そんな感じの空気が流れています。疲れ切った僕はそのまま眠りに落ちてしまいました…

 

 


 

翌日は岡山市内、そして倉敷美観地区へ足を運んできました!

 

 

晴れの国 岡山 ~瀬戸内海を満喫~」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 晴れの国、岡山の旅 Ⅱ ~岡山城、後楽園~ | アブラハムの徒然なるブログ ~Metal Heart~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>