月別アーカイブ: 2014年12月

2014 クリスマス・イルミネーション 5選 (東京近郊)

 

いよいよ、クリスマスが近づいてきましたね!みなさんは、どんなクリスマスを過ごされる予定でしょうか。

ちなみに、社会人の僕は例に漏れず、仕事をしている予定です…

 

なにはともあれ、すっかりイルミネーション巡りが趣味になってしまった私、アブラハムが、特に良かったと感じたイルミネーションを5つ、ご紹介します。年に一度の大イベントを、素敵な1日になることを祈っています。

 

 


 

1. 六本木ヒルズ

六本木ヒルズ けやき坂イルミネーション2

 

セレブの街、六本木。日比谷線、六本木駅からすぐのところにある六本木ヒルズは、定番となったイルミネーションが、やはり美しいです。特にこの、けやき坂のイルミネーションは奥に見える東京タワーと相まって、非常に綺麗でした。

 

六本木ヒルズ けやき坂イルミネーション

 

そして、何よりも魅力的なのは、時間とともに色が変わっていくところ。ボーっと見とれているうちに、どんどんと周りの景色が変わっていって、眺めているだけでいつまでも飽きさせません。

 

続きを読む

クリスマスは、バルセロナで。Pt.2 ~ガウディ建築編~

 

前回の続きになりますが、私、アブラハムはスウェーデン留学中の2012年、クリスマスをバルセロナで過ごしました。バルセロナはスペインきっての大都市で、日本でも人気のある観光地の1つです。僕が過ごしたバルセロナ旅行のハイライトをご紹介していきます。

 

前回の記事

クリスマスは、バルセロナで

 


 

サグラダ・ファミリア教会

サグラダ・ファミリア教会

 

 

バルセロナといえばガウディ。ガウディと言えば、サグラダ・ファミリア。建築開始から100年以上経った今でも完成していないという、とても不思議な教会です。というのも、建築費用は寄付と観光収入で賄われているため、その収入によって施工のスピードが左右されるという事情があるのです。

ガウディの死後100年にあたる、2026年に完成予定だそうで、遠くない将来にガウディが思い描いた姿が現実のものとなりそうです。

 

 

とはいえ、現時点でもその美しさは筆舌に尽くしがたく、ガウディが生涯をかけて魂を込めた、まさに最高傑作と言えるものでした。

 

サグラダ・ファミリア教会内部

 

続きを読む

クリスマスは、バルセロナで。 Pt.1 ~旧市街・ゴシック地区、マジック・ファウンテン~

 

今年もクリスマスの季節がやってきました。

人生で一度は、クリスマスを海外で過ごしてみたい、と思ったことがあるのではないでしょうか?

私は幸いなことに、スウェーデン留学中の2012年に、クリスマスをバルセロナで過ごしました。冬休みに30泊31日の超貧乏旅行を決行し、予算が少ないながらも素敵なホステルに泊まり、仲のいい友人やホステルで知り合った人たちと、思い出に残るクリスマスを過ごすことができました。

 

ヨーロッパのクリスマスは、賑やかでありながら、とても厳かな雰囲気が感じられます。特に、クリスマス前後には多くのお店が閉まってしまうため、場所と時間帯によっては街中でもとても静かなことがありました。

では、バルセロナの紹介をさせて頂きます。

 


 

ゴシック地区

バルセロナ旧市街・ゴシック地区

 

 

旧市街・ゴシック地区は、スペインの中でもかなり古い街並みで、とても細い路地に、歴史的な建造物が立ち並ぶ、とても神秘的な地区です。夜になると、イルミネーションが美しい、とてもロマンチックな街にもなります。

 

カテドラル

バルセロナのカテドラル

 

 

ゴシック地区にはいくつか大きな建物がありますが、このカテドラルも非常に目立つ美しい建物です。建物自体はとても古いのですが、尖塔だけは比較的新しく、19世紀に追加されたもので、さらに美しさを際立たせます。

 

続きを読む

2014年聴いたアルバムリスト・全20枚 (メロハーからメロスピまで、一言レビュー付)

 

アブラハムがこの1年間に聴いたアルバムをまとめてみました。バンド名アルファベット順。

 

BABYMETAL / BABYMETAL

BABYMETAL(通常盤)

今年のジャパメタ界で最も話題になったかもしれない1枚。ボーカルも上手いし、楽曲・演奏は日本トップレベルを集めただけあって、文句なし。メタラーでも全く抵抗なく聴ける力作ですが、歌詞だけは恥ずかしい。笑

 

At The Edge Of Time / Blind Guardian

At the Edge of Time

ドイツのベテランバンドの、2014年時点での最新作。2010年作。全盛期の勢いを取り戻すことは出来ませんでしたが、まさにブラガーといった重厚でファンタジックな世界観は、やはり大好きです。

 

Reign Of Elements / Celesty

Reign of Elements

今は亡き、スウェーデンのシンフォニックメロスピバンドの1st。楽曲のクサさは、メロスピ全盛期にしか生まれ得なかったレベルの高さを感じさせます。タイトル曲の#5はクサメタルの名曲です。

続きを読む

12月13日~スウェーデンの祝日・聖ルシア祭

 

今日は、スウェーデンのお話をしましょう。

12月になると、日本はクリスマス、そして大晦日が大きなイベントになっていますが、実は、スウェーデンでは、12月にもう1つ、大きなイベントの日があります。

それは、12月13日に行われる、聖ルシア祭です。

 

 

北欧の冬は厳しいです。僕の住んでいたヨンショーピンという街は、比較的穏やかな気候のところではあるのですが、それでも寒い日には-20℃に達し、一度積もった雪は1ヶ月以上融けることがありません。

そして何よりも厳しいのは、日の長さです。

北極に程近い、ラップランド地方では白夜(一日中日が昇らない)が有名ですが、ストックホルムあたりでも、朝9時に日が昇り、そして昼の3時には日が沈み、夜になってしまいます。

 

スウェーデンに住むと誰もが経験することですが、冬は気持ちが沈んでしまいます…

 

そういう環境にあるスウェーデン、北欧では、この「聖ルシア祭」というものが生まれ、ポピュラーなイベントとして発展してきました。ある意味では、クリスマスシーズンの本格的なスタートの日でもありますが、今日はこの「聖ルシア祭」に焦点を当ててお話します。

続きを読む