月別アーカイブ: 2014年10月

Books of the Month – 2014 Oct.

 

DSC_0130

こんばんは、アブラハムです。もう10月も終わりが近づいてきましたね。

今月読んだ本の中で、面白かったものを紹介します。

 

植物図鑑 – 有川浩

プレゼンテーション zen – ガー・レイノルズ

 

8月くらいから、友人に本を借りて読むようになりました。これまで読んでたものとは趣向の異なる作品ばかりでしたが、読まず嫌いは良くないもんです。面白い本にたくさん出会いました。

有川浩さんの図書館戦争は少し前に読んで、ドハマりしてしまいました。

 

という話を友人に伝えると、新たに貸してくれた本が、植物図鑑。

超甘い恋愛小説です。OL、さやかの部屋に、やたらと植物に詳しい謎の男性、イツキが転がり込んできて、そこから恋愛に発展する。そして、男性が姿を消してしまい、悲しみにくれる女性。でも最後にはやっぱり戻ってきて、ゴールイン。

ストレートなストーリーではありますが、その分、ストレートに心に響いてきました。こんな恋愛したいし、イツキみたいな、優しくて、頼りがいのある男性になりたい。

有川さんの心情の描写は素晴らしいです。女の子の恋心を描かせたら、もうそれはそれは。

 

 

 

そして、もう1冊。

プレゼンテーション zen です。会社の先輩から借りました。かなりヒットした本です。

先日、会社にて、先輩社員に向けて講義をする機会を頂いたのですが、まだまだ製品知識が浅いこともあって、思ったように伝えることができませんでした。そんなこともあって、人前で話すのって難しいなー、って思っていた時に、そういや、こんな本借りていたなぁ。と思い出して、本棚から引っ張り出してきました。

プレゼンテーションをうまくやる、というよりも、プレゼンテーションの資料やパワーポイントをいかに作るか、というところに力点を置いた内容になっていました。

プレゼンテーションというのは、個人的には大事なことが2点あると思っていて、

 

1. いかに自分の話を聞いて楽しんでもらうか

2. 何を持って帰ってもらうか(知識とか、メッセージとか)

だと思うんですよ。なんか真面目な話してますけど。

そうなったときに、1つの資料で片づけるのは難しいな、と思っていて、まさにそのことが書かれていました。配布資料とパワーポイントは分けるべきなんですね。次回以降はこれを実践しようと思います。

他にもいっぱい学ぶところがありました。心構えとか、準備の仕方とか。

 

 

 

以上。今月読んだ本から、2冊チョイスしてみました!

おやすみなさい!

 

Plini氏の衝撃的なMVがきました。

 

 

こんばんは、アブラハムです。

M3の余韻も冷めやらぬ中、購入した作品のレビューをしたいのですが、その前に、たった今衝撃的なビデオクリップを見たので、ご紹介します。

オーストラリア人ギタリスト、Plini氏の作品になります。

 

超絶技巧ギタリストであり、楽曲も幻想的なインストを中心に、非常に質の高いものをリリースしてきている実力派です。自主制作がメインのアーティストですが、そろそろメジャーな存在になってもいいと思っています。

そんなPlini氏が、Kendrick Lamarという、アメリカ人ラッパーとのミックス作品を投稿しました。僕はこういうジャンルの作品がどのように作られるのかよく理解してないのですが、これが素晴らしい出来になっています。

 

音楽を聴いて頂ければ、説明なんかいらないと思います。

 

正直、目から鱗です。PliniのAwayという曲の上に、Kendrick LamaraのPoetic Justiceという曲がミックスされている訳ですが、何の違和感もなく、Pliniの作品となっている。使ってるコードや曲の進行なんて、全く違うのに。

これが本当のアレンジ作品というものなのかもしれません。

 

この人、恐るべしです。他の作品も凄いので、是非聞いてみてください。

 

この曲なんて、どプログレメタル。Djentっぽさもあります。

 

ではでは。おやすみなさい。

2014-秋M3参戦!!

DSC_0129

 

 

こんばんは、アブラハムです。

M3に参加された皆様、お疲れ様でした。Carved Kinshipも、ボーカルのゴッド清洲氏と出展してきました。旧譜のみの頒布でしたが、ご購入して頂いた皆様、ありがとうございますm(__)m

 

今回からオリジナル系が第二展示場になり、窓がある分明るさはありましたが、なんとなく客入りが少ない感じがしました。ボカロとかアレンジ系が第一展示場だったようですが、そちらの方が人気はあるのでしょうか。実際、セミプロみたいな実力派も多いですし。

それと、メタル界隈では新譜を出されているサークルさんも少なかった気がします…

 

そんな中でも、新譜を出されてる、知り合いのサークルさんにも挨拶して、いくつか購入することが出来ました!せっかくなので、ご紹介します。

 

幻影のKilcmylo / Siltone

Folie Incolore / Lafolia

Reincarnation/ うさちゃんスタジオ

 

まだちゃんとは聴けてないですが、聴き次第レビューしていきたいと思います!

今日は疲れたので寝ます!おやすみなさい!

CEATEC JAPAN 2014 レポート

 

こんばんは、アブラハムです。

昨日の話なのですが、CEATEC JAPAN 2014に参加してきました。一応、仕事という名目で行ってきましたが、業務用の機器の展示は少なかったので、個人的な興味と半々といった感じでした。

CEAECとはなんぞや?って方もいらっしゃると思うので、軽く説明しますと、毎年10月に幕張メッセで行われる映像・情報・通信の国際展示会だそうです。今年が初めての参加だったのですが、印象としてはITとハイテク家電の展示会で、実用化された技術よりも、R&D段階の技術を展示するという印象が強かったです。

 

では、簡単なレポートをしていきます!

DSC_0054

幕張といえば千葉ロッテです!駅前にはロッテのパブみたいなところもあるんで、野球の季節なら、仕事帰りに行ってみたいところです。球場も歩いていけるので、凄く良いところですよね。

 

DSC_0055

いい天気です。幕張メッセ前には、キッチンカーがたくさん出ていて、おいしそうな食べ物がいっぱい並んでました。僕は駅前で吉野家に入ってしまい、食べれませんでした。

 

DSC_0057

入口からすぐのところにCEATEC AWARDのパネルがありました。 映像関連では、シャープの8Kディスプレイが受賞してました。近年は、技術展示として、8Kディスプレイが出されているということで、8K時代が到来したときには、再び世界のSHARPとして輝いてほしいところです。僕の会社の展示会でも、いつも使わせていただいてるようです。

続きを読む

Tokyo Photo 訪問記

 

こんばんは、アブラハムです。昨日今日と、台風で酷い天気でしたが、ようやく台風も過ぎ去って、穏やかな日々が戻ってきそうです。

週末に、Tokyo Photoに行ってきました。大学の先生が運営なこともあって、去年はボランティアに駆り出されたりしていたので、今年も一応顔を出そうと思い、いざ、丸の内へ。。。

DSC_0041

丸の内随一のおしゃれスポット、KITTEを横目に、JPタワーへと向かいます。

 

DSC_0042

東京駅も、しばらくはレンガが新しくて違和感がありましたが、少しずつ風格が出てきました。

 

DSC_0045

 

去年は増上寺、一昨年までは六本木のミッドタウンで開催されていたので、それと比べるとかなり地味になっていました… 丸の内も、今やおしゃれスポットですし、リッチなにおいもしますが、オフィスビルのロビーでやるとは、なかなか意外な感じです。

今年は例年以上に展覧会的な色が強く、半分以上が写真の展示でした。元々は、世界各国の写真家たちが写真を展示し、それを買ってもらう、ギャラリー的な色合いが強かったのですが、それも少し影をひそめた、という感じでしょうか。

 

 

DSC_0044

中の写真も撮ろうと思えば撮れましたが、なんか気が引けてしまい、最初と最後の写真だけになってしまいました。今年は日本の写真家の作品が多く、例年とは違ういい企画もあったのではないかと思います。

 

先生に挨拶に行こうと思ったのですが、来ておらず、後に聞いた話では、今年は運営から離れてしまっているということで、少し残念でしたが、まあそれなりにおしゃれ度の高い、東京の文化的な部分を支えるイベントであることは間違いないので、これからも続いていってほしいです。

 

今年は今日で終わってしまいましたが、また来年、見に行ってみてください!